様々なシーンで活用されている土嚢袋|まとめ買いでお得に購入

現場で必要な不可欠な存在

養生シートの特徴はポリエステル素材でできているのが主流で、汚れや水滴を始め、傷や凹みの緩和などに役立つことが可能です。養生シートを敷く作業は、建設現場や引っ越し作業などをする上では、最初の工程で必要不可欠の作業となっています。

使用する場所を考えて購入

土のう袋には、袋の中に土砂を詰めて使用するものと土砂を詰め込む必要がないものがあります。土砂が手に入りにくい都市部で使用する場合には、土砂が不要なものを購入する必要があります。また、麻製の土のう袋を購入するには、建設資材販売店ではなく農業用資材販売店に問い合わせる必要があります。

非常時に役に立つ防災用品

土嚢

さまざまなシーンで大活躍

土嚢袋はさまざまな目的で利用されてきました。戦争映画では、敵からの銃弾を防ぐために土嚢が積まれているシーンがよく見られます。また、大雨による洪水により、河川が氾濫したときにも、土嚢袋が大活躍します。土嚢袋に土や砂などを詰めて、何段も積み重ねることで簡易堤防の役割を果たしてくれます。近年は、都市部でも大雨で排水口から水が溢れて、商店や飲食店の店内に溢れた水が浸水して被害をもたらすことも多くなりました。このような浸水被害を防止するためには、土嚢袋が有効活用されています。土嚢を積むと積まないのとでは、店舗内に侵入する水の量が大きく違います。そのため、防災目的のために数十枚の土嚢袋を倉庫に保管している企業は珍しくありません。

まとめ買いを活用

土嚢袋は1枚単位から販売されていますが、10枚単位や20枚単位、あるいは100枚単位などのセットで販売されているものを購入したほうが経済的です。セット販売の枚数が多くなれば多くなるほど、1枚あたりの単価が安くなるためです。また、通信販売を利用する場合には、1枚の土嚢袋を購入した場合でも、数十枚の土嚢袋を購入した場合でも、等しく送料がかかります。通販では、購入金額が一定金額を超えると送料無料となることが多いため、できるだけまとめ買いを利用したほうがお得です。土嚢袋はオフィス用品を取り扱うショップやホームセンター、建設資材販売店などいろいろなショップで購入することができます。これらのショップで、他の商品と一緒に購入することで送料無料となる金額をクリアしやすくなります。

簡易な壁を作るには

土嚢は袋に土砂などを詰め、複数を並べるなどして簡易な壁を作るものです。用途としては土木建築で使われるほか、浸水時に防水のためにも使われています。土嚢といってもいくつかの種類があり、適した土嚢袋を使うことによって現場に適した性能を発揮します。