様々なシーンで活用されている土嚢袋|まとめ買いでお得に購入

簡易な壁を作るには

土のう

袋に土を詰める

簡易な壁を短期間で作る方法としては土嚢があります。袋に土砂を入れ、それらを並べたり積み上げたりすることで土嚢で簡易な壁を作ることができます。土嚢が使われる用途は主に緊急時または応急的な措置です。土木建築の現場では一時的な土留として使われます。また近年では洪水などによって浸水した地域において、屋内への水の流入を防ぐことや水の流れを変えることなどに使われています。一方で土嚢は丈夫な袋と土砂があれば簡単に作ることができますが、袋に関しては専用の土嚢袋が売られています。土砂は土木建築の現場では資材として手に入れることができますが、都市部などの場合には調達が難しくなります。主に防水用に使われる土嚢に関しては使い捨ての吸水型土嚢が使われるようになっています。

用途に適した種類を選ぶ

土嚢といっても用途に適した種類を選ぶ必要があります。例えば中に詰める土砂にしても、硬さなどによってその効果が変わってきます。緊急時には近くにある土砂を入れて作りますが、土や砂のほか石や岩が混ざるとデコボコになってしまいます。このため積み上げていくのには不向きです。効率よく作るためには均一になった土砂を詰めるという方法が良いです。また土嚢は一時的に設置するもので、安価に売られているものは紫外線に弱く1年程度で袋に穴が開くこともあります。このためある程度の耐久性を求めるのであれば、耐候性のあるUV対策がされた袋を利用する必要があります。また機能性の土嚢もあり、例えば自然分解性の素材を使い、あえて草を生やしやすいようにするものもあります。